食世界TOP ≫  作り方レシピ

作り方レシピ

スポンサードリンク


豆腐クリームの作り方レシピ スッキリで紹介

豆腐クリームが今話題だと言います。
日本テレビ「スッキリ!!」で取り上げられましたの紹介します。
料理サイトクックパッドでは既に300以上のレシピが出てきており、
今月、宝島社より豆腐クリームレシピが発売されます。
http://tkj.jp/book/?cd=12726101
今回、料理研究家 須永久美先生より豆腐クリームの作り方と豆腐クリームを使った
レシピが紹介されました。

豆腐クリーム  作り方レシピ


<材料>320g分
木綿豆腐 … 一丁(300g)
牛乳 … 大さじ4
塩 … 小さじ1/2
ブイヨン … 小さじ1/3
<作り方>
(1) 豆腐をキッチンペーパーで水気を拭く。
(2) ボウルに牛乳、塩、ブイヨンを入れて混ぜる。
(3) フードプロセッサーに適当な大きさに切った豆腐、混ぜた(2)を加えて
  なめらかになるまで約1分間混ぜれば完成。

チキングラタン


チキングラタンを作る場合、通常ホワイトソースを使うが今回は豆腐クリームを使用。
豆腐クリームはホワイトソースより柔らかいのでふんわり仕上がる。
通常のホワイトソースを使うより低カロリーに仕上がる。
あっさりして食べやすいそうです。

豆腐レアチーズクリーム 作り方レシピ


<材料>420g分
木綿豆腐 … 一丁(300g)
クリームチーズ … 80g
砂糖 … 大さじ4
水、砂糖、ゼラチン、クッキー生地
<作り方>
(1) 木綿豆腐、クリームチーズ、砂糖をフードプロセッサー入れて混ぜる。
(2) 水、砂糖、ゼラチンを入れて煮立てた鍋に豆腐チーズクリームを入れる。
(3) ゼラチンが溶けるまで火にかける。
(4) クッキー生地をそこに敷き詰めた型に流し入れる。
(5) 1時間冷蔵庫で冷やせば出来上がり。

豆腐にブイヨンまたはチーズや砂糖を入れたりと、
入れるものでクリームの種類が変わってきます。

豆腐クリームは、ホワイトソースや生クリームの代わりになり、
低カロリーになるところが人気なんだとか。

サバ味噌缶レシピ サバ味噌ごま油 サバ味噌煮缶スープ 缶詰博士 黒川勇人

魚の缶詰の中でも、サバ缶はDHA、EPAも豊富で人気です。
そんなサバ缶の中でもサバ味噌缶にひと手間加えたレシピが
テレビ朝日「ワイドスクランブル」で取り上げられましたので紹介します。
教えてくれるのは、1000種類以上の缶詰を食べてきたという缶詰博士 黒川勇人さんです。

サバ味噌缶レシピ サバ味噌ごま油 サバ味噌煮缶スープ


サバ味噌煮缶ひと缶から簡単に2品ができるというものです。
<材料>1人分
サバ味噌煮缶 …1缶
【サバ味噌ごま油】
ごま油 … 大さじ1
白髪ネギ …適量
白ごま … 小さじ2
【サバ味噌缶スープ】
タマネギ(みじん切り) … 適量
バター … 小さじ1/2
パセリ … 適量
お湯 … 缶汁と同量

<作り方>
【サバ味噌ごま油】
(1) 鍋にお湯を沸かして火を止める。
(2) そこにサバ缶を入れて3分待つ。
(3) やけどしないようトングなどで取り出し1分置く。
(4) 缶を開けて深皿に移し、身を背骨に沿って半身に切り分け、
  皿にサバを盛り付ける。
(5) そこにごま油、白髪ネギ、白ごまをかけたらサバ味噌ごま油の出来上がり。
【サバ味噌缶スープ】
(6) サバ味噌煮缶汁をカップに入れお湯を注ぐ。
(7) タマネギ、バター、パセリを加えて混ぜたら出来上がり。

<ポイント>
ポイントは湯煎で3分温め1分置くこと。
簡単でちょっとの手間だけで缶詰だと感じさせないものになるとのこと。

ビタミンUの多い食品を使った新七草粥 作り方レシピ 小山浩子 TBSいっぷく

ビタミンUは弱った胃を元気にする働きがあるといいます。
TBS「いっぷく」で、ビタミンUを多く含む食品を使ったレシピが紹介されました。

ビタミンUを多く含む食品


ブロッコリー、アスパラガス、キャベツ、大根
白菜、キュウリ、ピーマン

ビタミンUは、胃酸の過剰な分泌を抑えたり荒れた胃の粘膜を修復する働きがある。

新七草粥 作り方レシピ


管理栄養士 小山浩子さんよりビタミンUの多い食品を使った新七草粥の作り方が
紹介されました。
<材料>2人分
お粥(レトルト) … 250g
大根 … 2cm輪切り(50g)
キャベツ … 1/2枚(30g)
白菜 … 1/3枚(30g)
キュウリ … 1/8本(10g)
ブロッコリー … 1房(15g)
ピーマン … 1/8個(2g)
アスパラガス … 1本(15g)
牛乳 … 150ml
塩 … 適量

<作り方>
(1) 野菜は火が通りやすいように薄切りにする。
  大根だけは食感を残すため薄いいちょう切りにする。
(2) 鍋にレトルトのお粥、牛乳を入れ火にかける。
  中火で2〜3分加熱する。
(3) 火が通りにくい大根を入れ弱火で5分煮る。
(4) 米が牛乳を吸ってトロトロになったら残りの野菜を入れて
  1〜2分煮る。
(5) 仕上げに塩で味を調えたら出来上がり。

<ポイント>
牛乳を入れることで胃に負担をかけずにタンパク質もとることができる。
ビタミンUは加熱しすぎると壊れてしまうので野菜は薄く切って火を通りやすくする。

スポンサードリンク
Copyright (C) 食世界. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。