食世界TOP ≫  作り方レシピ

作り方レシピ

スポンサードリンク


寝かせ玄米の作り方 アレンジレシピ 結わえる商家 グッドモーニング

今もちもちで美味しいと評判の玄米、寝かせ玄米が人気だといいます。
テレビ朝日「グッド!モーニング」で取り上げられました。

寝かせ玄米とは


玄米を圧力鍋で炊いた後に3〜4日保温状態で熟成させたともの。
寝かせ玄米を発案したのが結わえる商家(東京・台東区)
荻野芳隆さんの著書は1万分の大ヒット本になったといいます。

寝かせ玄米の作り方


圧力鍋があれば家庭でも作ることができるといいます。
<作り方>
(1) 玄米と小豆(玄米1合に対し7g)を1時間水につける。
(2) 天然塩(玄米1合に対し1つまみ)水(玄米と同量)を入れる。
(3) 圧力鍋で中火で30分火にかけ火を止めて20分、圧力を抜いてから1時間蒸らす。
(4) 保温ジャーに移して3、4日間おく。1日1回かき混ぜる。
塩を入れることで玄米に含まれるカリウムが塩のナトリウムで中和されて
苦味がなくなりまろやかになるとのこと。
保温ジャーは70度くらいなので一般細菌はほとんど繁殖しないとのこと。
3、4日がおいしさのピークだといいます。
4日間寝かせても栄養が変わらないとのこと。

寝かせ玄米を使った玄米コロッケレシピ


<材料>2人分
寝かせ玄米 … 茶碗2配分
タマネギ … 1/4個
カレー粉 … 小さじ1
チーズ … 50g
<作り方>
(1) みじん切りのタマネギを炒める。
(2) ボウルに、寝かせ玄米、炒めたタマネギ、カレー粉、チーズを加えて混ぜ合わせる。
(3) あとは通常のコロッケと同様に小麦粉、卵、パン粉をつけて
  きつね色になるまで揚げたら出来上がり 。

寝かせ玄米、美味しいのかもしれませんが、作るのはちょっと手間ですね。
また3〜4日間炊飯ジャーが使えなくなるので、専用のジャーも必要になりますね。

枝豆のさや ミカンの皮 タマネギの皮 ゴーヤのワタ 椎茸の軸を食べるレシピ 相葉マナブ

日頃捨ててしまう野菜や果物の皮や芯などは栄養がある上においしく食べられるといいます。
本当においしく食べられるのかテレビ朝日「相葉マナブ」で取り上げられました。
レシピを教えてくれたのは栄養士・料理研究家 青木敦子さんでした。

■枝豆のさやの唐揚げ レシピ
<作り方>
(1) 枝豆のさやのスジと半透明な皮を取り除く。
(2) 薄く小麦粉をまぶして、油で揚げる。
(3) 軽く焦げ目がついたら取り出し、塩を軽く振れば出来上がり。
超うまいみたいです!ビールのつまみに合う。
<栄養>
枝豆のさやには、老化予防にいいβ-カロテンが豊富に含まれてる。

■ミカンの皮のおにぎり レシピ
<作り方>
(1) ミカンの皮に塩をふりもみ洗いしてサッと茹でる。
(2) 皮の白い部分は苦味が強いので包丁で取り除きみじん切りにする。
(3) ご飯、かつお節、みじん切りのミカン、しょうゆ、オリーブ油を入れて混ぜる。
(4) おにぎりに握れば出来上がり。
洋風おにぎりでうまいみたいです。
<栄養>
ミカンの皮にはビタミンCが実より約3倍、食物繊維は約4倍含まれてる。
ミカンの皮を干したものは陳皮と呼ばれハーブティーなどに入っている。

■タマネギの皮茶・ふりかけ レシピ
<作り方>
(1) タマネギの皮をお湯で煮て、ザルでこす。
(2) はちみつを少し混ぜればタマネギ茶の完成。
これもおいしいみたいです。
(3) 残った皮は乾燥させてミキサーで粉状にすればふりかけとして食べることができる。
皮の粉末は市販されているそうです。

■ゴーヤのワタ天ぷら レシピ
<作り方>
(1) ゴーヤのワタを食べやすい大きさに切って衣をつけて揚げる。
(2) 揚げたら塩をふれば出来上がり。
山菜を食べている感じでおいしいと。
インドではゴーヤはワタを食べ、皮は捨てることがあるとのこと。
<栄養>
ゴーヤのワタは、実よりもビタミンCが多い。

■椎茸の軸の炊き込みご飯 レシピ
<作り方>
(1) 椎茸の軸を手でさく。
(2) 炊飯器に米、椎茸の軸、だし、塩を入れて炊けば完成。

■ブロッコリー芯のナムル レシピ
<作り方>
(1) ブロッコリーの芯を千切りにする。
(2) 千切りのブロッコリーをレンジでしんなりするまで加熱してニンニク、ごま油、塩を
  混ぜたら完成。
お店に出てきそうな味だとか。

■いちごのへたのおひたし レシピ
<作り方>
(1) いちごのへたを茹でる。
(2) 氷水にとり水気を切り、酢味噌で和えれば完成。
このおひたしだけは、食べられるけどみたいな感じのようです。

紅茶のおいしい入れ方はお湯の温度95℃ NHKあさイチ

世界で一番飲まれている飲み物が紅茶なんだそうです。
NHKあさイチで、その紅茶の入れ方や効果などについて取り上げられました。

■紅茶のおいしい入れ方は95℃のお湯
紅茶は、誰が入れてもそんなに変わらないものとおもっていましたら
入れ方によって味や香り変わるということでした。
そのポイントは、お湯の温度。沸騰直前の95℃にすること。
95℃のお湯に茶葉を入れ2分ほど経つと茶葉が湯の中を動き回るジャンピングという
現象が起き、これにより香りや味の成分がバランスよく溶け出し美味しい紅茶になる
ということでした。
ジャンピングが起きるのは、お湯の温度によって変わる酸素濃度によるものなんだそうです。
95℃のお湯の見極めは、お湯の泡が増え始めの頃で音も急に多くなる頃。
また酸素濃度もカギなので水道水はそのままでいいですが、ペットボトルの水は
酸素濃度が低いためよく振ってから使用するといいということでした。
おいしい入れ方のポイントはお湯の温度と酸素濃度でした。

■アレンジミルクティーの作り方
<材料>2人分
茶葉 … 8g 今回はセイロンティーのディンブラを使用
リンゴスライス … 3枚 今回王林を使用
カモミール、シナモン … 適量
水 … 500ml
牛乳 … 200ml ※常温に戻した低温殺菌牛乳を使用
<作り方>
(1) ティーポットに茶葉、リンゴスライス、カモミール、シナモンを入れる
(2) 95℃のお湯を注ぎ、2〜3分蒸らす。
(3) 牛乳を注げば出来上がり。
低温殺菌牛乳がポイントとのこと。
※ティーバックの場合、お湯を入れた後にいれる。
 ティーバックは振ると中の雑味が出るので振らないのがいいとのこと。

■紅茶の会話力アップ効果
紅茶は、味と香り特徴があり脳の会話をつかさどる部分の血流量がアップして
紅茶を飲むことで会話が弾むことが分かってきたということでした。
会話を弾ませたい場合は、お茶やコーヒーよりも紅茶がいいようです。

■国産紅茶べにほまれ
国産紅茶があるのが三重県亀山市で生産されている「べにほまれ」と呼ばれるもの。
幻の紅茶とも呼ばれているそうで国産紅茶としてはじめて登録されたもの。
このべにほまれは、輸入自由化により一時は生産が途絶えてしまうことに。
2年前から復活することに成功したということでした。
渋みがすくなまろやかで和食にもあうようです。
残念ながらまだ生産量が少ないため亀山市内の飲食店でしか飲むことができないとのこと。

■紅茶の種類
紅茶をどう選べばいいのか?
一度様々な紅茶を飲み比べするのがオススメだということでした。
代表的な紅茶3種類です。
ダージリン(インド)…マスカットのような香り おにぎりと合う リッラクスする時にオススメ
キーマン(中国)…熟成されたコクと香り チーズなどに合う
ウバ(スリランカ)…しっとかりとした香りと渋み ショートケーキと合う ミルクティーがオススメ

スポンサードリンク
Copyright (C) 食世界. All Rights Reserved.