食世界TOP ≫  作り方レシピ

作り方レシピ

スポンサードリンク


プリプリえびとパプリカの彩り炒め ザーサイときゅうりの和え物 作り方レシピ 中川優

BS日テレ「森クミ食堂」、四川料理の名店 天外天総料理長 中川優さんより
パプリカとエビを使った炒め物とザーサイときゅうりの和え物が紹介されました。

プリプリえびとパプリカ レシピ


<材料>3人分
【エビの下処理用】
塩 … 少々
水 … 大さじ1
片栗粉 … 大さじ2
【エビの下味調味料】
塩、こしょう … 各少々
酒 … 小さじ1
卵白 … 1/2個分
片栗粉 … 大さじ2
サラダ油 … 大さじ1

エビ … 200g(12尾)
パプリカ 赤・黄 … 60g
アスパラ … 2本
スナップエンドウ … 9本
長ねぎ … 1/3本
生姜 … 1片
サラダ油 … 適量
【合わせ調味料】
塩、砂糖 … 各小さじ1/3
こしょう … 少々
酒、鶏ガラスープ … 各大さじ2
水溶き片栗粉小さじ2

<作り方>
(1) エビは殻と背わたをとり、塩を入れて揉み洗い、水、片栗粉を入れてさらに揉み洗い、
  流水できれいに洗い、キッチペーパーで水気をよく拭き取る。
(2) 下処理したエビに塩、こしょう、酒を入れてぬるっとするまで混ぜ、卵白を半量加え
  揉み込み、残りの卵白を加えてよく揉み込む。片栗粉を加えて混ぜ、サラダ油を加えて混ぜる。
(3) パプリカはエビを同じくらい大きさに切り、アスパラは下の硬い部分を切り落とし、
  硬い皮の部分はピーラーでむき、斜め切りにする。スナップエンドウは筋を取り、
  長ねぎと生姜は1cm角の薄切りにする。
(4) 合わせ調味料作り。塩、砂糖、酒、鶏ガラスープ、こしょう、水溶き片栗粉を混ぜたら完成。
(5) 中華の油通しの代わりに、鍋に湯を沸かし、塩、サラダ油を入れて
  スナップエンドウ、アスパラ、パプリカの順に入れ、茹であがったらザルに上げ、
  水気を切る。
(6) フライパンにサラダ油をひいてエビを入れて強火で両面を焼き一度取り出す。
(7) サラダ油をたしてねぎ、生姜を入れて炒めしっかり香りを出す。
(8) 茹でた野菜を入れ、エビを戻し入れたら、合わせ調味料を入れて絡める。
(9) お皿に盛れば出来上がり。

<ポイント>
エビの下処理をすることで臭みと水分をとる。
卵白を少しずつ加え染み込ませることでエビの身の縮みを防ぐ。
サラダ油は乾燥を防ぎ焼く時くっつかない。
エビの下味を付ける処理までが大切なポイントでこの一手間がプリプリにさせるポイント。

ザーサイときゅうりの和え物


<材料>3人分
市販のザーサイ … 70g
きゅうり … 1/2本
長ねぎ … 1/3本
塩、ごま油 … 適量
<作り方>
(1) きゅうりを薄切りにし、長ねぎは薄い小口切りにしてザーサイを合わせる。
(2) そこに塩、ごま油、ラー油を加えて和えたら出来上がり。

サバ缶レシピ 脳を若々しくする効果がある料理サバ缶オムレツ(水煮缶)

BSジャパン「別冊主治医が見つかる診療所」で、ひめのともみクリニック院長 姫野友美先生より
脳の働きをUPするというDHAを豊富に含むサバの水煮缶を使ったオムレツが紹介されました。
簡単に作ることができ、脳を若々しくするという料理です。

サバ缶オムレツ(水煮缶)作り方レシピ


<材料>1人分
サバ缶(水煮缶)半分 … 100g
卵 … 2個
枝豆 … 30g(茹でてサヤから取り出す)
青ネギ … 適量
塩 … 少々
オリーブオイル … 大さじ1

<作り方>
(1) サバの水煮を箸でほぐしておく。
(2) ボウルに卵を入れて溶いたら塩、小口切りにしたネギをいれて混ぜる。
(3) フライパンにオリーブオイルをひいて卵液を入れて広げて焼く。
(4) サバの水煮と枝豆をのせ、2つに折ってこんがり焼き色が付けば出来上がり。

<栄養ポイント>
サバにはDHAが豊富に含まれ脳の働きをアップする。
卵と枝豆にはレシチンが豊富に含まれ脳の働きをアップする。

豚バラ肉のピッツァイオーラ&豚バラトマトカレー 作り方レシピ 落合務

BS日テレ「森クミ食堂」、イタリア料理の巨匠 ラベットラ オーナーシェフ落合務さんより
お手軽で食べごたえのある2つの料理、豚バラ肉のピッツァイオーラ&豚バラトマトカレー
が紹介されました。

豚バラ肉のピッツァイオーラ&豚バラトマトカレー


<材料>2〜3人分
豚バラスライス(しゃぶしゃぶ用) … 300g(一口大に切る)
塩 … 適量
コショウ … 適量
レトルトのトマトパスタソース(S&B予約でいっぱいの店のポモドーロ) … 3パック
玉ねぎ … 150g(薄めのスライス)
マッシュルーム … 15個(厚めにカット)
オリーブオイル … 大さじ1 

【カレー用】
カレー粉 … 大さじ1/2
パルミジャーノ … 20g (すりおろしたもの)
無塩バター … 10g
ご飯 … 茶碗3杯分
【ピッツァイオーラ用】
コショウ … 適量
一味唐辛子 … 適量
スライスチーズ … 4〜5枚
バジル … 3〜4枚
オリーブオイル … 適量
<作り方>
(1) 豚バラ肉に塩、コショウをふる。
(2) フライパンにオリーブオイルをひき、豚バラ肉を強火で炒めて、焼き色が付いたら   一度取り出す。
(3) 同じフライパンでタマネギを炒め、しんなりしてきたらマッシュルームを加えて
  炒め、軽く塩をふる。
(4) 豚バラ肉を戻し入れトマトソースを入れて炒める。
(5) 水を加えてトマトソースをのばし、具材を2つのお鍋に分ける。
(6) それぞれの鍋に塩をふり味を調える。
【カレー用鍋】
(1) カレー用鍋にカレー粉を入れて混ぜる
(2) パルミジャーノを入れて混ぜる。
(3) 火を止めてバターを入れて余熱で溶かしたら完成。
(4) ご飯を盛ったお皿にかけたら出来上がり。

【ピッツァイオーラ用鍋】
(1) コショウ、一味唐辛子を入れる。
(2) スライスチーズをのせ、 バジルを手でちぎって入れ、オリーブオイルを回し入れ、
  フタをしてチーズを溶かす。
(3) お好みのでパルミジャーノをかけてお皿に盛れば出来上がり。
スポンサードリンク
Copyright (C) 食世界. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。