食世界TOP ≫  作り方レシピ

作り方レシピ

スポンサードリンク


イチゴ料理レシピ 自家製練乳の作り方 イチゴのグラタン風 イチゴの炊き込みご飯 相葉マナブ

テレビ朝日「相葉マナブ」でイチゴが取り上げられました。
イチゴでいろんな料理に挑戦しましたのでまとめてみました。
料理を教えてくれたのが料理研究家 浜田陽子さんでした。

自家製練乳の作り方


<材料>
牛乳、砂糖
<作り方>
(1) 牛乳と砂糖を鍋に入れ約20分煮詰める。
(2) 鍋ごと氷水で冷ませば出来上がり。
イチゴに練乳をつけていただく。意外に練乳は簡単に作れるみたいです。
さらに練乳に調味料を混ぜると違った味を楽しむことができます。
練乳+シナモン … おしゃれな味になる。
練乳+味噌 … コクが出てキャラメルっぽい味になる。

イチゴのグラタン風


<材料>
イチゴ、卵、生クリーム、砂糖、小麦粉、バニラエッセンス
<作り方>
(1) ボウルに卵、生クリーム、砂糖、小麦粉を混ぜる。
(2) さらにバニラエッセンス入れてよく混ぜておく。
(3) スライスしたイチゴを入れた耐熱皿に流し込む。
(4) オーブンで約10分、焼き色がつくまで焼く。
(5) 仕上げに粉砂糖をふれば出来上がり。
上品な味になるみたいです。

イチゴの炊き込みご飯


浜田先生もオイシイという噂を聞いただけで作ったことのない料理。
<材料>
イチゴ、ご飯、塩
<作り方>
(1) 土鍋に米、水を入れる。
(2) 塩をいれたらご飯の上にいちごをまるごと並べる。
(3) 通常通り炊けば出来上がり。
食べるときはイチゴを潰していただく。
さわやかなご飯になるみたいで意外にいけるそうです。

いちごのへたのおひたし レシピ


これは以前、日頃捨ててしまうものを美味しくて食べようという企画で作ったもの。
<作り方>
(1) いちごのへたをお湯で茹でる。
(2) 氷水で冷やし水気を切り、からし酢味噌で和えれば完成。
今回もイチゴのヘタは、やはりヘタだということでした。

究極のおいしいバタートーストの作り方レシピ 梶田香織

できればおうちでもおいしいバタートーストが食べたいもの。
そこで究極のおいしいバタートーストの作り方が
日本テレビ「ズームインサタデー」の美味トースト特集で紹介されました。
教えてくれるたのは、バタートースト評論家 梶田香織さん

究極のおいしいバタートースト 作り方レシピ


<材料>
食パン(厚さ4.5cm) … 1枚
バター … 適量

<作り方>
(1) パンの厚さは4.5cmの厚目に切る。
(2) さらに1.5cmの切れ目を縦、横2本ずつ入れる。
(3) オーブントースターでパンを2分半焼く。
  ※1300Wのオーブントースターを使用。
(4) バターをラップに包んで手で揉んで柔らかくしておく。
(5) 焼けたパンにバターを素早く塗る。
(6) オーブントースターでパンを再び焼き、表面がプツプツと泡が出てきたら取り出す。
(7) 取り出したらさらにバターを塗る。
(8) パンの表面にバターのおいしさの水たまりができたら出来上がり。
出演者の宮本 和知さんが試食した最初のコメントは「普通のバタートースト」でした。
まだまだ究極とまではいかなかったのかもしれません。

<ポイント>
パンの4.5cmの厚さは、4cm、5cmも食べた結果、一番しっくりいく厚さだったため。
切れ目を入れるのはバターをよく染み込ませるため。
パンの熱が冷めるとバターが溶けなくなるためなるべくバターを素早く塗り、
パンに染み入るようにする。

詳しい作り方は番組ホームページをご覧ください。
http://www.ntv.co.jp/z-sat/topics/toast_recipe/recipe01.html

米ぬか利用法(焙煎米ぬかふりかけレシピ 美容液 入浴剤 床磨き)NHKゆうどき

米ぬかがいま健康・美容に良いと人気みたいです。
その米ぬかの様々な使い道についてNHK「ゆうどき」で紹介されましたので
まとめてみました。
ちなみに米ぬかは玄米を精米する時に出てくるものです。

米ぬかの栄養


白米に比べビタミンB1は約40倍、ビタミンB2は約10倍、
鉄分は約15倍含まれまるといいます。
米ぬかは栄養たっぷりの食材みたいです。

米ぬかレシピ


レシピ本も出版した上坂起美好さんよりレシピが紹介されました。
米ぬかを料理に使う場合はまずは焙煎を行うそうです。

■焙煎米ぬか
<作り方>
(1) フライパンに生ぬかを入れて、中火にかける。
(2) 木べらなどで焦がさないよう4〜5分間かき混ぜる。
(3) 色が茶色く変わったら火を止める
(4) 粗熱を取り、ザルでふるい、もみ殻などを取り除けば出来上がり。
瓶など密封容器に入れ、冷蔵庫などで2週間保存可能。
甘くおいしいそうでそのままご飯やみそ汁、サラダなどにかけてOK。
オススメはハンバーグだそうで、パン粉の代わりに焙煎米ぬかで普段と同様に作ればOK。
焙煎米ぬかはおいしそうですね。

■焙煎米ぬかシラスふりかけ
<作り方>
(1) フライパンにシラスを入れて煎る。
(2) 焙煎米ぬかを入れて混ぜ合わせれば出来上がり。
※しらす干しの代わりに、昆布、しょうゆをまぶした削り節などもオススメ。

美容液


米ぬかをハンカチなどに包み、水に含ませ絞ります。
出てきた乳白色液体を美容液として手や顔に塗ります。
米ぬかの絞り汁にはセラミドが含まれており保湿効果があるとのこと。
※肌に合わない場合は使用を控えること。

入浴剤


布袋に入れて湯船に入れます。
米ぬかにはセラミドが含まれており保湿効果が期待できるそうです。

床磨き


米ぬかには油分が含まれているので布袋に入れて乾拭きをすれば
ワックスのような効果があるそうです。

米ぬか入手法は、食事に使う場合はお米屋さんか自宅で玄米を精米するかの
どちらかだそうです。

スポンサードリンク
Copyright (C) 食世界. All Rights Reserved.