食世界TOP ≫  作り方レシピ

作り方レシピ

スポンサードリンク


ふわふわかき氷の作り方 おいしい手作りかき氷シロップレシピ NHKゆうどき

暑い夏に食べたくなるのがかき氷です。
NHKゆうどきで、家庭でも作れる専門店のようなおいしいかき氷の作り方が
取り上げられましたので紹介します。

ふわふわかき氷の作り方


かき氷の専門店で人気なのがふわふわのかき氷。
家庭用かき氷機でもふわふわかきかき氷の作る方法が紹介されました。
まずはふわふわかき氷は溶けやすいので器やスプーンを冷凍庫で冷やしておくこと。
(1) かき氷にする氷は冷凍庫から取り出したら約20分程待つ。
  カチカチ氷はカチカチでふわふわにならない。
  氷の表面が溶け始めて光ってきたらOK。
(2) かき氷機にセットしたらゆっくりやさしく削る。
  ゆっくり削ることで氷の粒が小さくなり、たくさんも空気も入りふわふわになる。
  薄い帯状に削れるのがふわふわ氷の目安。
刃の調節ができるかき氷機なら刃先を短くセットするとよい。

おいしい手作りかき氷シロップの作り方


かき氷専門店 埜庵の店主 石附さんより家庭でできる
おいしいかき氷シロップとしてグレープフルーツシロップの作り方が紹介されました。

●グレープフルーツシロップ
(1) 水(800ml)を鍋に入れて沸騰させたら火を止めてグラニュー糖(500ml)を
  加えて溶かす。(この比率が黄金比)
  お店ではグラニュー糖、てんさい糖、水飴など4種類を使って作るそうです。
(2) よくかき混ぜて透明になったら万能シロップの出来上がり。
(3) グレープフルーツを丸々絞って果汁(酸味)を取り出す。
(4) 一番苦味のある薄皮を鍋に入れ水を加え強火で煮る。
(5) ザルでこせば薄皮の煮汁(苦味)がとれる。
(6) かき氷に万能シロップ、果汁、薄皮の煮汁の順にかけていただく。
甘味だけでなく酸味や苦味など他の味を加えると
奥行きのある深い味わいになりおいしくなるとのこと。

スタジオではマンゴー&酢のかき氷が紹介されました。
万能シロップ+マンゴージュース(100%)+酢を順番にかき氷にかけたもの。

トウモロコシのおいしいゆで方 ほかほかトウモロコシの作り方 浜内千波 グッドモーニングで紹介

ヤフー検索でいま一番ゆで方で検索される食材がトウモロコシなんだそうです。
そこでテレビ朝日「グッド!モーニング」ではトウモロコシのおいしいゆで方が
取り上げれましたので紹介します。

トウモロコシのおいしいゆで方


料理研究家 浜内千波さん監修のもとトウモロコシのおいしいゆで方が
紹介されました。
<ポイント>
・ゆでた汁の中に旨み成分や糖分がどんどん移ってゆく。
 実際計測すると3分を過ぎるとどんどん糖度が下がっていくので
 ゆで時間は3分がベスト。

・トウモロコシの旨みは水にも湯にも溶け出してしまうので
 水に浸かる時間はなるべく短いほうがいい。
 そのため水からゆでるより沸騰してから茹でたほうが旨み成分が多くおいしい。

・塩を入れるとより甘く感じられる。オススメは0.5%の塩分。

・時間が経ってもシワシワにならない方法は、氷水につけること。
 シワシワになる原因は水分の蒸発、氷水で急激に冷やすことで水分の蒸発が少なくなる。
 浜内さんは、簡単で水っぽくならないラップがいいとのこと。

<ゆで方>
(1) トウモロコシは沸騰したお湯に入れて3分ゆでる。
  この時、一つまみの塩を入れる。
(2) ゆであがってすぐに食べない場合は、氷水で冷やすかラップで包む。

ほかほかトウモロコシの作り方


浜内さんオススメは、皮付きのままのトウモロコシを
電子レンジ(600W)で5分加熱するというもの。
皮がラップの代わりになるんだとか。

煎りおから 作り方レシピ 料理研究家 石澤清美 NHKゆうどき

NHKゆうどきで、おからの活用術が特集されました。
おからのレシピ本も出版している料理研究家 石澤清美さんより
おからが毎日食べられるという煎りおからが紹介されました。

煎りおから 作り方レシピ


<材料>作りやすい分量
おから … 100g
<作り方>
(1) おからをラップをかけずに電子レンジ(600W)で3分間加熱する。
(2) フライパンに移し弱火で5〜6分間炒める。
  量が1/3程度になり、サラサラと高い音をさせフライパンの上を
  滑るようになったら完成。
密閉袋にいれて冷蔵庫で約1ヶ月保存可能。

おからご飯


ご飯を炊くときに一緒に入れる。
米1合に対して(煎りおから:大さじ1 水:大さじ1)

おからふりかけ


<材料>作りやすい分量
煎りおから … 大さじ2と1/2(8g)
おぼろ昆 … 8g
削り節 … 4g
塩 … 小さじ1/2
<作り方>
(1) おぼろ昆布と削り節をフライパンに入れ、火にかける。
  強めの中火でさっと水分をとばす。
(2) 火を止め、煎りおからと塩を加える。
(3) これをすり鉢に移し、細かくすれば出来上がり。(フードプロセッサでもOK)
ご飯にかけていただく。
他にも大さじ1杯のおからふりかけをお椀に入れ、
お湯を注ぎ、刻みネギをかければおからのお吸い物に。

スポンサードリンク
Copyright (C) 食世界. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。