食世界TOP ≫  作り方レシピ

作り方レシピ

スポンサードリンク


インスタントラーメン アレンジレシピ みそグラタン ラーメン天津飯 ラーメンパエリア NHKマサカメTV

NHK「マサカメTV」でお家で超簡単なインスタントラーメン(即席ラーメン)を使った
アレンジラーメンの作り方レシピが紹介されましたのでまとめました。
教えてくれるのが料理研究家 青木敦子さんです。
超お手軽なアレンジラーメン3品です。

クリーミーみそグラタン レシピ


<材料> 調理時間15分
みそラーメン … 1袋
牛乳 … 400ml
スープの素 … 1袋分
小麦粉 … 大さじ2
ブロッコリー … 適量
ピザ用チーズ … 40g
<作り方>
(1) 即席麺を保存袋に入れ一口サイズの大きさに砕く。
(2) ボウルに砕いた麺とブロッコリー、小麦粉、牛乳、スープの素を入れ混ぜ合わせる。
(3) 混ぜたら耐熱皿に入れ、上からピザ用ビーズをパラパラと散らす。
(4) オーブントースター(1000W)で10〜15分程、表面に焼き色がつくまで焼けば出来上がり。

ふわふわラーメン天津飯 レシピ


<材料> 調理時間10分
しょうゆラーメン … 1袋
ご飯 … 適量
液体スープの素 … 1袋分(粉末スープでも可能)
水溶き片栗粉 … 小さじ2
卵 … 4個
<作り方>
(1) 即席麺を保存袋に入れ粉々になるまで砕く。
(2) 熱したフライパンに砕いた麺、スープの素(半分)、水300mlを入れ、
  水分がなくなるまで混ぜながら中火にかける。
(3) 水分が無くなったら溶き卵を入れたボウルに入れ混ぜ合わせる。
(4) 油を多めにひいたフライパンに半熟に仕上げる。
(5) 半熟状になったらご飯にのせる。
(6) 鍋に残りのスープの素(半分)、水150mlを入れ沸騰したら水溶き片栗粉で
  とろみをつけてアンを作り、かければ出来上がり。

ラーメンパエリア レシピ


<材料> 調理時間5分
塩ラーメン … 1袋
パプリカ(赤・黄) … 各1/4
液体スープの素 … 1袋分(粉末スープでも可能)
オリーブオイル … 大さじ2
冷凍シーフードミックス … 100g
<作り方>
(1) 即席麺を保存袋に入れ粉々になるまで砕く。
(2) フライパンにオリーブオイルを熱し千切りパプリカと冷凍シーフードミックスを炒める。
(3) そこに細かく砕いた麺、スープの素、水300mlを加え中火で3分、火にかける。
(4) 程よく水分が無くなったらフライパンのふちにオリーブオイルをまわしかけ強火で約2分
  焦げ目を付けたら出来上がり。

超お手軽アレンジインスタントラーメン


インスタントラーメン(即席ラーメン)に調味料を入れるだけの
超お手軽アレンジラーメン2品

豚骨ラーメン+トマトケチャップを50〜60g混ぜたら → ミネストローネの味に

みそラーメン+焼肉のタレを2〜3杯混ぜたら → 焼きそば味に

さんまの塩焼き フライパンでの焼き方 浜田陽子 グッドモーニングで紹介

秋といえばさんまの季節です。
テレビ朝日「グッド!モーニング」でさんまの塩焼きの
フライパンを使った煙が出にくい焼き方が取り上げられました。

まずは、おいしいさんまの選び方です。
下あごが鮮やかな黄色で黒目のまわりが透明、そしてでっぷりと丸みのある胴体が
新鮮で脂ののりがいいそうです。

さんまの塩焼き フライパンを使ったおいしい焼き方


教えてくれるのは、料理研究家 浜田陽子先生です。
フライパンを使うと煙も出にくくおいしくさんまを焼けるといいます。

<焼き方>
(1) さんまを半分に切り、わたは取り除く。
(2) 塩を焼く10分前に振る。
(3) フライパンにオーブン用シートを敷いてその上にさんまを置き、中火で焼く。
(4) さんまから出た脂はクッキングペーパーでその都度吸い取る。
  焼き時間は表が6〜7分、裏は4分ほど焼く。
(5) 仕上げに皮をパリっとおいしくするためオーブン用シートを外して
  さらに1分ほど両面を直焼きにする。
(6) お皿に盛り付け大根おろし、すだちをそえたら出来上がり。

<ポイント>
焼く10分前に塩を振るのは下味を付けるためと臭みを消すためで、
あまり長く置くと旨味も逃げるので10分ほどがベスト。
フライパンにオーブン用シートを敷くことで煙が出にくい。
さんまから出た脂は生臭いのでクッキングペーパーでその都度吸い取る。
最後に1分間直焼きにすることで皮がパリッとする。

【さらにもうひと工夫】

焼く前に塩を振って10分置いたさんまに大さじ3杯のヨーグルトをまぶす。
ヨーグルトで2、3分つけ込んだら、水で洗い流し、あとは同じ要領でフライパンで焼く。
これによりヨーグルトが青魚の臭みの成分を吸いとるので
青魚の臭いが苦手という人にオススメ。ヨーグルトの香りもしないとのこと。

浜田さんよりさらに焼いたさんまを使った簡単なレシピです。

焼きさんまの混ぜご飯 レシピ


<作り方>
(1) 焼いたさんまの小骨を取りさんまの身をほぐしてボウルにいれたご飯に加える。
(2) そこに刻んだ青ネギ、青シソ、しば漬け(適量)を加えてご飯と混ぜわせる。
(3) 山椒の粉を少し加えて、お好みで塩、しょう油で味を調えたら出来上がり。

簡単だけどさんまのおいしい香りがしてとてもおいしいそうです。


スケルトンチップスの作り方レシピ 商品化の可能性も ダレトクで紹介

フジテレビ「有吉弘行のダレトク」で、新商品を開発し企業に売込むという
新企画が登場しました。
第一回目がポテトチップスが透けているスケルトンチップスが取り上げられましたので
紹介します。

スケルトンチップスの作り方


さてその気になる透明なポテトチップスの作り方です。
<作り方>
(1) じゃがいもに切り込みを入れる。
(2) じゃがいもをオリーブオイルと塩でよくもみこみオーブンで焼く。
(3) 焼き上がったらボウルに入れ、熱湯をかけて2時間放置する。
(4) じゃがいもをザルにあげる。
(5) じゃがいもは使わず、浸けた水を火にかけ片栗粉を加える。
(6) クッキングシートの上に薄く伸ばし2日間乾燥。
(7) 乾燥したものをポテトチップス状に切り150℃の油で揚げたら
  スケルトンチップスの出来上がり。
透明で確かにポテトチップスの味がするんだとか。

詳しい作り方は番組ホームページに載っていました。
http://www.ktv.jp/daretoku/recipe01.html

このスケルトンチップスをポテトチップス業界第3位のわさビーフで有名な
山芳製菓さんに売込むことに。
見た印象は驚きがありましたが、食べた感想はあまり美味しくなかったようで
辛口なコメントばかりでした。
商品化の可能性はないかと思いきや通販なら商品化50%という結果に。
もしかしたらいつの日かスケルトンチップスが世の中に出回る日がくるかもしれません。

スケルトンチップスが、ツイッターでも紹介されていました。


スポンサードリンク
Copyright (C) 食世界. All Rights Reserved.