食世界TOP ≫  作り方レシピ ≫  夏バテ解消料理レシピ 浜内千波 鶏胸肉たっぷりそうめん サタデープラスで紹介

夏バテ解消料理レシピ 浜内千波 鶏胸肉たっぷりそうめん サタデープラスで紹介

スポンサードリンク


TBSテレビ系「サタデープラス」8月8日で、夏バテ解消料理が紹介されました。
疲労についての専門家 大阪市立大学 梶本修身先生によると夏バテ解消に最も良い食材は、鶏胸肉だといいます。それは、鶏胸肉には疲労回復に最も効果的なイミダペプチドという成分が多く含まれているからです。他にもビタミンCとクエン酸も摂るといいといいます。そこで梶本先生監修のもと料理研究家浜内千波さんにイミダペプチド・ビタミンC・クエン酸が摂れる夏バテ解消定食を作ってもらいました。

■鶏胸肉たっぷりそうめんのポイント
梅干しはレモンの2倍のクエン酸が入っている。
ショウガは胸肉を柔らかくするたんぱく質分解酵素が入っている。
キャベツはビタミンCが豊富でキャベツ2、3枚で1日分のビタミンCが摂れる。
砂糖は肉の保水効果がありジューシーさがアップする。

■かぼちゃの簡単ポタージュのポイント
かぼちゃのビタミンEは血流を良くして体を温める効果があるので、冷たいものが多くなりがちな夏にオススメ。

■きゅうりとパイナップルの夏サラダのポイント
きゅうりには脂肪を分解する酵素がある。パイナップルにはビタミンCが豊富。


鶏胸肉たっぷりそうめん レシピ


<材料>
塩レモンエキス … 小さじ2
鶏胸肉 … 1枚
梅干し … 2個
ショウガ … 1かけ(すりおろす)
砂糖 … 大1
そうめん … 3束
キャベツ … 200g
ごま油 … 少々
そうめんつゆ
<作り方>
(1) 鶏胸肉の皮をとり、そこに種を取った梅干しをのせる。
(2) ショウガとキャベツの葉脈をすりおろし、砂糖とともに鶏肉にかけて
  しっかり1分間もみこむ。
(2) 肉の厚みを均一にしラップをかけてレンジ3分にかけ余熱で火を通す。
(3) キャベツは千切りにする。
(4) そうめんを時間通りに茹で水でしっかり洗い水気をきる。
(5) 器にそうめん、キャベツの千切り、ほぐした鶏肉をのせ、そうめんつゆを
  かけ、隠し味にごま油をかけたら出来がり。

かぼちゃの簡単ポタージュ レシピ


<材料>
カボチャ … 300g
鰹節 … 少々
塩 … 小1/3
コショウ … 適宜
牛乳 … 2カップ
<作り方>
(1) かぼちゃは一口大に切りレンジで火を通し熱いうちに皮をとり
  ミキサーに入れ牛乳、鰹節を入れて滑らかになるまで攪拌する。
(2) 鍋に移し温め、塩コショウで味を調えたら完成。

きゅうりとパイナップルの夏サラダ レシピ


<材料>
きゅうり … 2本
パイナップル … 100g
オリーブオイル … 大2
酢 … 大2
生姜汁 … 1かけ分
塩 … 小1/3
コショウ … 適宜
<作り方>
(1) きゅうりは後先をきり少し押しつぶし斜め2〜3ミリ厚さのななめ切
(2) パイナップルも同じ大きさ位にきる
(3) ボールに調味料を合わせきゅうりとパイナップルを混ぜ込み少しなじませる
s_1508080842_004.jpg

■夏バテ解消はイミダペプチドドリンクで
→ 話題の鶏胸肉から高濃度抽出したイミダペプチド!


スポンサードリンク
Copyright (C) 食世界. All Rights Reserved.