食世界TOP ≫  作り方レシピ ≫  ビタミンUの多い食品を使った新七草粥 作り方レシピ 小山浩子 TBSいっぷく

ビタミンUの多い食品を使った新七草粥 作り方レシピ 小山浩子 TBSいっぷく

スポンサードリンク


ビタミンUは弱った胃を元気にする働きがあるといいます。
TBS「いっぷく」で、ビタミンUを多く含む食品を使ったレシピが紹介されました。

ビタミンUを多く含む食品


ブロッコリー、アスパラガス、キャベツ、大根
白菜、キュウリ、ピーマン

ビタミンUは、胃酸の過剰な分泌を抑えたり荒れた胃の粘膜を修復する働きがある。

新七草粥 作り方レシピ


管理栄養士 小山浩子さんよりビタミンUの多い食品を使った新七草粥の作り方が
紹介されました。
<材料>2人分
お粥(レトルト) … 250g
大根 … 2cm輪切り(50g)
キャベツ … 1/2枚(30g)
白菜 … 1/3枚(30g)
キュウリ … 1/8本(10g)
ブロッコリー … 1房(15g)
ピーマン … 1/8個(2g)
アスパラガス … 1本(15g)
牛乳 … 150ml
塩 … 適量

<作り方>
(1) 野菜は火が通りやすいように薄切りにする。
  大根だけは食感を残すため薄いいちょう切りにする。
(2) 鍋にレトルトのお粥、牛乳を入れ火にかける。
  中火で2〜3分加熱する。
(3) 火が通りにくい大根を入れ弱火で5分煮る。
(4) 米が牛乳を吸ってトロトロになったら残りの野菜を入れて
  1〜2分煮る。
(5) 仕上げに塩で味を調えたら出来上がり。

<ポイント>
牛乳を入れることで胃に負担をかけずにタンパク質もとることができる。
ビタミンUは加熱しすぎると壊れてしまうので野菜は薄く切って火を通りやすくする。

スポンサードリンク
Copyright (C) 食世界. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。